売買によく使われる隠語

売買によく使われる隠語

不動産の業界では土地や住宅、ビルなどの様々な物件を扱っておりますが、自分たちだけの物件情報では情報量が不足しますので不動産業者同士で相互に情報交換を行います。

 

 

 

業社同士では一般の人にはわかりにくい用語を用いることが多く、一種の隠語として業界人だけに通用する言葉を使うことが多くなります。
これらの隠語をしておきますと不動産取引の際に一目置かれますので意味を知っておきましょう。

 

 

 

1,「重説=じゅうせつ」これは「重要事項説明書」のことを意味しておりますが、不動産業者は不動産の取り引きを仲介するときには買主に対して土地・建物などの不動産に関する重要な事項について「重要事項説明書」を読み上げながら詳細説明をする義務を負っております。
2,「A/B/C/Dヨミ」業社同士で案内した客の感触を伝えるときに{A〜Dの物件のどれが可能性が高いか}を説明するときに使います。
3,「売契=ばいけい」売買契約のことを指した言葉です。
4,「金消=きんしょう」資金を借りるときに取り交わす「金銭消費貸借証書」のことですが、借金をするときの借用書のことです。「金消契約ともいうことがあります」
5,「歩留まり=ぶどまり」紹介物件に対して案内したお客さまの人気を表した表現です。
「歩留まりが高い物件」といえば人気が高い物件を表しています。
6、「専媒=せんばい」不動産の所有者から専任で販売を任せられている物件の事を「専売委任契約物件」か「専任媒介契約物件」などと表現します。
この契約がなされている物件は、専任を受けている業社を通しませんと売買ができないことになります。
7,「クロージング」これは不動産業界だけの用語では有りませんが、営業マンが商品の販売契約にこぎつけた状態のこと表しています。