なぜ不動産業界には業界用語が多いのか

なぜ不動産業界には業界用語が多いのか

土地や住宅、ビルなどの様々な不動産物件を扱う仲介不動産業社は、物件情報が多いので不動産業者同士で相互に情報交換を行います。
例えば東京の三鷹周辺の不動産会社に訪れるお客さまから、港区周辺の地域の住宅などの物件探しを依頼されますと港区内の物件に強い地元の業社に物件情報の依頼をします。

 

 

 

近年では物件情報はインターネットを利用して全国的に不動産会社同士で情報交換を行うことが多くなっております。
このような形での不動産業社はお客さまがいる前でお互いの情報を喋る必要にせまれもします。
お客さまに聞かれたくない要件を会話することもあります。

 

 

 

また、不動産関係の用語には法律用語などで長い単語も有りますので、短く略した単語にしていることもあります。
建築に関する建築基準法などの難しい単語を略式形の単語にして会話することも多くあります。
このような必要性から不動産業界では数多くの業界用語が使われていますので、特に頻繁に出てくる業界用語を頭に入れておくことで不動産取引の交渉などに便利になります。

 

 

 

業界用語の幾つかの例をあげますので参考にして下さい。
*手付流し「売り手と買い手の間で売買契約を結んだが、理由で買い手側が約束を守らない時には手付金を募集されますが、これを表した言葉です。」
*手付倍返し「最近のテレビ番組の倍返し!が流行りましたが、売り手側が約束を守らない時には買い手に対して手付金の倍額を支払うことになります。」
*公簿売買「土地などの売買では、本来は面積を実測して正確な面積での取引をすることが望ましいですが、相互に納得の上で登記簿謄本に表記されている面積で取引することを表した用語になります。」
*買付証明「売り手に対して購入することを意思表示するために買付証明という形の書面で意思表示することを表しています。」