宅地建物取引業

宅地建物取引業

土地や建物の売買に関係する会社はたくさんあります。
こういった業者の中のひとつ宅地建物取引業のことを今回は書いていきましょう。

 

 

不動産業者と宅建業者と言うと同じものだと思う人もいるかもしれませんが、全く同じものとは言えません。
不動産業者が行う仕事は、物件の売り買い、その仲介、賃貸など多くのものを含みます。
しかし宅建業はその中の物件の売り買いや仲介などに関することだけです。
今から物件の売買を行う人たちは宅建業とはなにかと調べておきましょう。

 

 

これは法律で免許がない人でなければ、こういった仕事を行ってはならないと定められています。
マンションを所有している人からの賃借の仲介などは、
この仕事に含まれるのですが自分自身が大家でマンション経営をする場合は宅建業とはいえません。
事務所を二つ以上の都道府県に作った場合は国土交通大臣免許となり、
それ以下の場合は都道府県知事免許となるのです。

 

宅地建物取引主任者はこの試験に受かって知事に登録してもらって、証明書を受けた人です。
不動産の売買などにか関する多くの知識を持っている人たちです。
契約などに関する重要な事項の確認や、重要な書類への押印はこの主任者しかできません。
宅建業として不動産会社が認めてもらうには、こういった専門家を決まった数集めなければいけません。

 

自分が契約しようとしている不動産会社などを調べるときには、
こういった免許を持っている人がどれだけいるのかどうかといったことが一つの基準となるかもしれません。
役所で宅建業者の名簿を見ることもできます。