手付金

手付金

手付金にはいくつか種類があります。
証約手付は契約が結ばれたのを確認するためのものです。
解約手付は読んで字のごとくですが契約を破棄するためのものです。
売り手の場合は買い手に貰っていたお金の二倍の金額を返します。
買い手の場合は売り手に渡した金額を諦めます。
違約手付は契約書の内容に反した場合、賠償以外の金額をこれでとられます。

 

 

解約手付を手付解除といいます。
しかしこの手付解除はいつでもできるというわけではありません。
片方が契約書で決めたことを実行し出すとこの方法はとれなくなります。
ですがこの実行、履行という言葉をめぐって争いになることもあります。
片方から見て実行していると感じても、もう片方はそうは思っていないということがあります。
この解除する権利は売り手にも買い手にもあります。
ですから時間をかけて契約しても、相手の方が実行間近で契約を解除する可能性もあるのです。
ですから解除する期間をきめる場合もあります。何日以内と決めていればわかりやすいですね。

 

解除自体は相手が契約を実行していなければできますが、
手付金分は損をしますから簡単には破棄できないとも言えます。
他にも契約を解除する場合には条件がつきます。
災害などで物件が被害をうけてそれを回復するのに多額の費用がかかるという時や、
契約内容に反した場合もそうです。
建物に欠陥があったり住宅ローンを受けられなかったりした場合もそうです。
当然売り手と買い手の間に合意があれば、合意したないようで解除することも可能です。