専有面積と専用面積

専有面積と専用面積

◆専有面積と専用面積の違い

 

分譲マンションを購入する時には専有面積という表現で面積の説明が有りますが、この「専有面積」とはマンションの区分の専有部分の面積という事になります。

 

 

 

つまり、自分たちが購入する部分の面積のことを指します。「区分所有の目的となる部分の面積」、また「専用面積」という言葉も有りますが、この専用面積とは専有面積に共用部分の内の一部の面積を加えた面積の事になります。

 

 

 

共用部分の中でマンションの所有者に専用的に使用させる部分の面積を加えたものになります。例えばバルコニーやポーチ状になった廊下の一部の面積を含めたものが専用面積という言葉で表現しております。

 

 

 

不動産の表示に関して定めている「公正競争規約」では、マンションの面積を表示する時には「専有面積」を表示するように指導しています。

 

 

 

つまり、専用面積だけで面積が大きく見せて表示することは禁じており、基本的には専有面積か両方を併記して表記するように指導がなされております。

 

 

 

専有面積にガレージや地下室等の面積を含む時には、その内容と面積を表示するようにも指示しています。専有面積を算出するための計算方法には「璧新芯計算」と「内法計算」の二種類の方法が有ります。

 

公正規約によって決められている面積表示は、内法計算で計算したものを表示するように指導されており、登記簿謄本に記載される面積もこの内法計算での面積が表示されます。つまり「壁の内側線で囲まれた部分の面積」を計算することになっております。