瑕疵担保責任

瑕疵担保責任

契約終了後建物に欠陥がある場合問題となります。
こういったことに巻き込まれた場合は、
建物の欠陥に関する法律や保証などをよく調べておかないと面倒なことになります。

 

 

住居などを買って、すぐには分からなかった建物の重大な欠陥は隠れた瑕疵と呼ばれます。
契約のとおりに保証や賠償を売り手に請求することになるでしょう。
ですがこういった請求は無期限にできるものではなく、ある期間内でしか請求ができません。
こういった期間は契約するときに書類に書かれているはずです。
何か自分の所有する部件に欠陥があるとわかったら、まず契約書を出して契約事項を確認しましょう。
その書類で請求できる期限以外にも確認しなければいけないことは多いはずです。
請求できる期間を越えていた場合、基本的には賠償などは求められません。
ですが売り手が欠陥を把握していて、売った場合には賠償を請求できます。
このような責任を瑕疵担保責任といいます。
それ以外にもこの賠償が求められる期間が非常識なくらい
短い期間の場合も賠償が求めることができる可能性があります。

 

新築物件には二つの方法で不動産会社から保護されています。
不動産会社から買った物件になんらかの瑕疵があった場合に保証されるものです。
住宅の品質確保の促進などに関する法律では住居の大切な部分や、
雨などが住居に入ってこないようにする部分に売ってから十年間責任を負うものです。
特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律では、保険などが義務づけられるものです。
業者に保証するだけの能力がなくなっても、保険金などで保証されます。