短期賃貸借契約 について

短期賃貸借契約 について

金融機関への担保として物件や不動産などを当てた際に、
仮にその物件や不動産などが競売にかけられて、落札された
場合には、基本的にその物件に住んでいる人は立ち退かなくては
なりません。

 

 

 

しかしながら短期賃貸借契約という契約を結んでいれば、
三年以内(建物の場合)ならば住み続けることが可能です。

 

 

 

最近の不況により、不良債権などの回収の為に、抵当権が実行
されるようになるにつれて、担保の不動産などに居座りがある場合には、
抵当権を持つ人が、不動産の請求を成立する権利を明らかにする
法律改正がされました。

 

 

 

一方では、明度猶予制度というのが導入されて、賃借の期間になどに
関係なく、物件などの賃借人は、競売落札後の6ヶ月間のみ、
住むことができるようになりました。

 

独立開業におすすめ介護