売買契約 について

売買契約 について

不動産に限らず、さまざまな場面で売買契約というものが
あると思います。

 

 

 

一般的には売買の契約をする際には、きちんとした書面で
行うことが、通常のようです。

 

 

 

口約束などでは、後々のトラブルになるので注意が必要です。

 

 

 

不動産の売買契約をする場合は、通常は購入希望者が
売主に申し込みを行い、売主が承諾すれば売買の契約が
成立します。

 

 

 

この契約する前に重要な事は、購入希望者にたいして
売主はその不動産対象の特徴や重要な事柄などを
しっかりと説明しなくては、いけません。

 

 

 

最重要チェック項目として、不動産所有者の名前や、
土地や建物の状態が登記簿の内容と同じかを、しっかりとチェックする必要があります。

 

空室対策なら