定期借家権

定期借家権

定期借地権とは、文字どおり土地も持っている人から期間を決めて土地を借りる権利のことをいいます。定期借地権は、借地契約満了後に更新がないのが特徴です。

 

 

 

借りた人は、期日がくれば土地の所有者に必ず土地を返還をしなけらばなりません。このことは、1992年に借地借家法によって新たに創設された経緯があります。

 

 

 

定期借地権として契約した場合には、借りた人は、契約終了期間がきたら、更地にして土地を返さなければなりません。定期借地権の法律改正により、土地を貸した人は必ず貸した土地を返してもらえるという法律に守られて、安心して土地の貸し借りができるようになりました。

 

八王子 不動産

 

それ以前は、借りた人が土地から出て行かないことでよくトラブルが起きていました。さて、定期借地権の種類には、存続期間50年以上である「一般定期借地権」と、存続期間30年以上である「建物譲渡特約付借地権、存続期間10年以上20年以下の「事業用借地権」の3つの種類があることを覚えておきましょう。