覚書とは

覚書とは

不動産の契約などで、契約書当事者などが署名捺印して送って来ることもありますが、ほとんどのケースでは契約当事者の双方から契約の基本的事項を定めた基本契約書があり、その契約書に基づいてより詳細の部分を詰めている、細かい条件をより詳細に定めているのが覚書です。

 

 

 

賃貸契約の更新の際や、隣家との越境に対する取り決めなどもあって、土地の売却のときにその覚書の内容がもう一度確認されることがあります。当然隣家のほうでは意識していることは少ないでしょうが、新しくそこに越してきたり、新しく生活を始めようとしている方にとっては、不安材料にもなりかねず、自分のイメージと異なるということで、その越境部分の取り壊しなどをお願いする事もあるかと思いますが、そう常にスムーズに話が進むともかぎりません。

 

 

 

ですから、最初にその部分についての覚書などを用意して近隣者との同意を漕ぎ着ける必要があるかもしれません。でもその覚書での契約の合意に満たないことや、その相手が契約をまったく結びたがらないということも考えられるので、そのときはその土地の購入を諦めたり、後々のトラブルにならないように考えておくべきでしょう。

 

 

 

契約書の補足的な意味をもつこの覚書ですが、契約書が大まかなところを記載しているのに比べ、より詳細なことに関しての取り決めをこの覚書で確認することができますのでもし不安材料があるときなどは覚書でしっかりと双方の確認をとっておいたほうがいいのではないでしょうか。