完全固定金利型

完全固定金利型

前回は金利について少し書きましたが、
今回はそれに関係したローンの商品についてかいていきたいと思います。
大別して商品の種類は三つです。

 

 

完全固定金利型はローンの返済中金利が一定になるものです。
次に説明する変動型の金利よりも最初は金利が高いですが、
後々金利が高くなっても支払う金額が常に一定です。
金利が高くなった場合その上がり型によっては変動金利型よりも、返済額が低くなる可能性があります。

 

変動金利型は六ヶ月で金利が変わり、五年で返済額も変わっていきます。
しかしこの上昇額も最高で上げられる倍率が1.25が限界と決まっています。
後々金利の上昇で返済額の総額が変わってきます。

 

固定期間選択型は数年間ごとに金利が決まっていて、期間が終わるとまた金利を決めるというものです。
この金利は期間内では固定されます。
返済額は更新されていきますし、ローンを組んだ金融機関によっても条件が変わってきます。
しかし変動金利制のような返済額の上限が制限されていないので、かなりの返済金額が増えることもあります。

 

これ以外の商品もあります。
上記の三つの商品を合わせたものなどです。
住宅ローンではつかえる商品が決められている場合があります。
こういった商品を選ぶ前にしっかりとした返済計画をたてましょう。
長くてもこういったローンは35年でしょうから、ローンを組んでから何年働けるのかを頭にいれとかなければ行けません。
大抵の金融機関は80くらいがローン終了時の最高年齢でしょうが、
その年齢まで月々の返済をできる経済的余裕があるのかどうかをしっかり考えてみましょう。