重要事項説明「NO1」

重要事項説明「NO1」

不動産の売買に関する契約を行う時には、契約する不動産物件と取引する内容について宅地建物取引業法で定められている宅地建物取引主任の資格を持った者が説明しなければならない事が義務づけられております。

 

このことを「重要事項説明」と呼んでおり、取引主任の署名捺印がある「重要事項説明書」を提出の上説明しなければなりません。

 

 

 

◆重要事項説明を受ける時のポイント

 

1、大切な説明ですので、少しでも疑問に思う事や納得できない事があれば納得がいくまで説明を求めてください。
疑問が有るのに聞き流してしまいますと納得していると考えられて契約がそのまま進んでしまします。

 

 

 

2、この重要事項説明書は仲介する不動産業者に言って、出来るだけ事前に貰うようにしてください。
十分な時間を貰って熟読の上、問題点が有れば事前に訂正を求めておくことが必要です。

 

契約当日に手渡されての説明では問題点について十分に検討できませんので問題ですし、契約の日になって問題点が出てきても問題個所の訂正や売主側と買主側にとって検討する時間も充分に取れません。

 

 

 

このために契約の日時が変更になったり契約そのものがもつれて契約が出来なくなることも有ります。

 

 

 

◆重要事項説明書のチェックポイント

 

1、登記簿の中の所有者と売買契約書の売主が同一の者かの確認が必要になります。
相手が共同名義の場合は、共同名義になっている全員が売買契約書に署名捺印が必要になります。→次章へ続く