売買契約書とは

売買契約書とは

マンションや宅地を購入したりするときや売る場合には契約を行いますが、不動産の価格は大きいので契約に間違いが有っては大変なことになります。

 

 

 

当然ですが契約には仲介者である不動産会社の方が入っている場合には、彼らの責任として間違いないように導いてくれますが、それでも最終的な責任は自分にありますので基本的な契約に関する注意点は知っておくべきでしょう。

 

 

 

不動産関係者が使用する用語には普段の生活には出てこない言葉も出てきますので基本的な必要用語の意味を知っておくと良いでしょう。順を追って必要な契約時に必要な用語について説明します。

 

 

 

◆売買契約

 

マンションや宅地などの不動産を売買するときに売る側と買う側が相互に売買条件を記載してある契約書に納得して記名捺印しますと契約が成立します。法的には口頭での約束でも売買に関する約束は成立しますが「売買契約書」という書面にすることで確実なものになります。

 

この売買契約を行う時に不動団仲介会社が間に入っている場合は、不動産会社の宅地建物主任者資格という資格を持っている方から不動産取引に関する重要な事柄を説明する「重要事項説明」が行われます。

 

 

 

しかし、最終的には自分の責任ですので契約書に記載されている内容については、もし疑問点や分からない事があれば納得できるまで質問して確かめてください。当初に知らされていた不動産「土地・建物」の所在地や面積などが登記簿の内容と間違いがないか確かめたりしてください。

 

売買代金の金額に間違いないか、支払方法や引き渡しの時期などもしっかり確認する必要が有ります。