建築基準法

建築基準法

建築基準法とは、社会秩序を守るために最低限の基準で設けられた法律です。建物を建築する場合には、この建築基準法にのっとって行われます。建築基準法は、1950年に「国民の生命、健康および財産の保護」を目的に制定されました。

 

 

 

建物を設計、建築するには、その適用範囲に建築物、建築物の敷地、構造、設備などがありますが、これらに関して建築基準法が当てられています。おおむね一般建築物は全てに適用されますが、文化財や保安施設などの建物は対象外になります。

 

 

 

建築基準法の主な内容は二つに分かれています。一つは、建物そのものの安全性や構造、防災、衛生などについて定めた「単体規定」です。あと一つは、都市の防災、環境向上などの考慮した「集団規定」なら成り立っています。

 

 

 

建築基準法では、着工前の建築確認や工事中における検査、工事完成後の検査などについても定めています。また違法建築についても定められています。建物を建てるにあたり着工前に建築基準法を確認しておくことがもっとも重要であることがわかります。