キャピタルゲイン

キャピタルゲイン

キャピタルゲインは、英語読みでCapital Gainと書きます。意味は、株式投資や不動産投資の購入価格と売却価格の差から得られる譲渡益をキャピタルゲインいいます。反対に売買によって損失が出たときはキャピタルロスといいます。

 

 

 

一方、インカムゲインは英語読みでIncome Gainと書きます。意味は、株式や不動産を所有することから得られる利益をインカムゲインといいます。例えば、ワンルームマンションなど賃貸用の不動産に投資した場合、この場合の賃料収入がインカムゲインと呼ばれています。

 

 

 

また不動産を売却した場合の売却益をキャピタルゲインと呼んでいます。投資で購入した金額より安く売却した場合は、キャピタルロスと呼びます。株や不動産売買による利益を得たキャピタルゲインは、税務上においては「譲渡所得」となります。

 

 

 

この場合の個人は、原則としてキャピタルゲイン課税である申告分離課税になります。ちなみに不動産投資信託では、決算期ごとの配当をインカムゲインといい、証券の売却益がキャピタルゲインです。