事故物件とは

事故物件とは

最近は不景気のあおりもあって、事故物件などでも住み始めたり、また自分のものにしてしまうことも多いようです。
 

 

実際に事故物件として扱われたものは一般的な市場価格よりも賃料、そして価格が数割安くなることが多いので、それを狙い目にして、家賃を安く済ましたい人にかなり人気があるようです。
 

 

事故物件とはつまりは各都道府県で事件、事故つまりは自殺やその部屋で亡くなった人がいたり、火災や、犯罪に巻き込まれるようなことがおこったりした部屋、家のことを指していて、不動産業者では、その物件においてそうした事件があったことを次の間借り人や権利者に伝えることが法律できめられています。
 

 

ですから当然一般の物件より価格が落ちる、値引かれて取引されて当然ということになります。こうした物件を狙っている人も、実際にはいるようで、すこし気味の悪い側面はあるものの、気にしない人にとってはよい取引、よい物件、つまりは交通の便に恵まれていたり、もしくは高級物件、間取りなどが大変良い状態の物件、まだ新しい物件などは安い価格でよい物件をお手頃価格で借りたり買ったりできることは確かに魅力がありますよね。
 

 

表向きはよくはないですが、そうした事故物件に住んでみてとくに問題がおこった、ということはあまりなく、神経質になりすぎない、もしくはそうした懸念よりも安いことがなによりも大事という経済的に困窮している人などの間ではそうとう競争率の激しい争奪戦が繰り広げられているようです。