建築許可

建築許可

建築許可とは、建築基準法や都市計画法などで認められていない建築物でも、特定行政庁が特例として認めれば建築許可を与えてもらえるという制度です。

 

 

 

一般的に、用途地域には建てられる建築物が決められています。しかし、特別な事情があるときにかぎり、建築審査会の裁決で建築を許可される場合があります。

 

 

 

たとえば、鉱物資源、観光資源を利用する建築物や農林水産物の加工などのための建築物の場合など許されています。なお、市街化調整区域の場合は、基本的に市街化にならないようにすることが目的なだけに、たとえ規模の小さな開発行為でも開発する場合には開発許可が必要とされています。

 

 

 

またそのほかにも市街化調整区域において開発許可が下りていない土地では、基本的に建築を行なうことができないとされています。しかし次のような場合は例外です。たとえば、市街化調整区域において開発許可が下りていない土地であっても、「建築の許可」を受ければ、建築が可能となります。

 

 

 

このように市街化調整区域における建築の許可のことを「建築許可」と呼んでいます。